正しく理解しよう!今話題の物質、エクオール①

エクオール

日本人の女性の平均的な閉経は、大体50歳前後と言われています。

という事は、一般的な目安としては、更年期の期間は、45歳~55歳の10年間という事がいえます。

 

更年期の症状

この10年間にも及ぶ更年期。

症状としては、運動もしていないのに突然汗が流れてきたり、理由もないのにイライラを起こしたり、気持ちが乗らずに重ったるい感じがしたりといったような症状が現れます。

 

この他にも、手足の冷えだったり、肩こりや腰痛・尿のトラブルといった症状もあります。

この症状は軽い人もいれば、重い症状として表れ悩んでいる人も多くいます。

そして感じ方も人それぞれですので、この症状以外にも悩む症状が出る人もいますし、同じ症状だとしても、その日によって辛さが違うというケースがよく聞かれています。

 

更年期の原因

これらの悩ましい症状に陥る原因には、女性ホルモンの一つである『エストロゲン』が大きく関わっています。

このエストロゲンは、30歳の半ばあたりで分泌量のピークが訪れていき、そこからは卵巣の機能が低下していくと共に、段々と分泌量は減っていきます。

 

そして、そこからぐっと減っていく時期がやってきます。

その年齢が40代半ばくらい。

 

この年代になると、急激にエストロゲンが減っていってしまいます。

この激減に身体は付いていく事ができずに、不調を起こしてしまいます。

それが更年期と呼ばれる症状なのです。

 

若年性更年期障害

このように一般的には、閉経に関わってくる45歳頃から現れる更年期ではあるのですが、今若い年代から更年期の症状を発症している人も多くなってきました。

 



関連記事