気になる、4つのエクオールの作用②

エクオール

この他にも、約3か月間、エクオールを摂取した場合の研究結果として、ホットフラッシュが改善されたり、更年期による首のこりや、肩のこりといった症状も軽くしてくれる働きが解明されました。

 

【メタボリックシンドロームの予防】

メトボリックシンドロームとは、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、動脈硬化のリスクが高まってしまう、予備軍の状態をいいます。

これは、高血圧や脂質の異常(高LDLコレステロール)、そして高血糖の3つの症状にプラスして、肥満が重なる事でメタボリックシンドロームと診断されるのですが、女性の場合には、更年期以降に女性ホルモンが減少する事で、起こりやすくなります。

ここでも活躍するのがエクオール。

LDLコレステロールを減らしてくれて、HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)という、動脈硬化や糖尿病のリスクを表している指標に対しても、数値が下がるという、良い影響を与えてくれる試験結果が出ました。

 

【肌への働き】

女性ホルモンであるエストロゲンの働きの中には、肌に必要なコラーゲンを作って、エラスチンをつなぎとめるという働きがあります。

これは、肌の保湿に欠かせない働きです。

ですが、先にも記述したように、エストロゲンはどんどん減少していきます。

ですので
、40代後半頃からは、一気に肌が乾燥したり、シワやたるみといった肌の変化を感じやすくなるのです。

ですが、そんな女性の悩みに対してもエクオールは大活躍してくれます。



関連記事