貴方はエクオールを作れる人?作れない人?簡単検査方法①

エクオール

大豆製品に含まれているイソフラボン。

このイソフラボンが身体によい事は、皆さんもご存知ですよね。

 

何故、身体によいのかというと、イソフラボンの構造が、女性ホルモンのエストロゲンと似ている為に、同じような働きをもっている為。

ですので、女性ホルモンが減少する事によって、発症する、又は思い症状となってしまう更年期の症状や骨粗しょう症の予防になったり、緩和してくれるという作用があるので、健康な身体を維持していく為にも必要な要素なのです。

 

これは、厚生労働省の研究班によって行われている、大規模コホート研究でも良いデータが出されています。

 

簡単に解説すると、イソフラボンを多く摂取している人ほど、乳がんや心筋梗塞、そして脳梗塞のリスクが低下するというデータ。

この他にも男性の一部ですが、前立腺がんのリスクを低下できるとする、研究報告が出されています。

 

個人差のある効果の正体

こうした大豆のイソフラボンによる健康効果というものが、実は個人差があるという事が、最近の研究によって解明されてきたのです。

ですので、今まで毎日大豆製品を食べていたのに、その効果を中々得る事ができないというケースがありました。

 

個人差の出来る理由は、エクオールという物質。

食事から大豆製品を食べ、大豆イソフラボンを摂取すると、腸から吸収されます。

 

ですが、この時に大豆イソフラボンであるダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという物質に変化して吸収される人と分かれてしまうのです。

つまり、エクオールを体内で生成できる人と、生成できない人がいるという事です。

 



関連記事