• ホーム
  • 黒ずみ
  • 黒ずみさまざまな視点から商品を比較・検討できます

黒ずみさまざまな視点から商品を比較・検討できます

黒ずみ

黒ずみの世界

仕事でも何でもそうですが、知識はそれをする上で「力」になります。 介護もそうです、ちょっとした知識があれば随分と楽に介護もできますし、例えば介護保険の知識があれば、「こんなサービスもあったのか」とこれまた楽に介護をすることも出来ます。 多くの高齢者が悩まれる便秘についても、便秘薬の種類を知っておけばそれは力になります。 下剤を大きく分けると、二つのタイプになります、「刺激性下剤」と「機械性下剤」です。

刺激性下剤は腸を刺激して排便を促すもので、大腸、中でも結腸を刺激して便を出す下剤です。薬局で売っているコーラックがこのタイプです。

この下剤を長期使用していると、腸がその刺激に慣れ、一定期間を過ぎると通常量では効かなくなります。
さらに、大腸そのものの形態に異変が起こる「大腸黒皮症」を起こす危険性があります。

大腸黒皮症は大腸の粘膜が黒ずみ、伸びたゴムホースのようになります。伸びたゴムホースですから、便を先へと送り出す蠕動運動の力は当然、低下します、こうなるともう、下剤が手放せないという悪循環に陥ります。

また、このタイプの下剤に依存していると、便意そのものがなくなりますので、この下剤は出来たら避けるべきだと思います。 もう一つの下剤である機械性下剤は、便のかさを増やしたり、水分を腸に集めて便を軟らかくしたりして排便を促すタイプです。マグミットがこのタイプで、このタイプがお勧めです。 通常、医師が処方するタイプは機械性下剤で、それでも排便がない場合に頓服として処方されるタイプが刺激性下剤です。 私の父の場合は、何とか介助でポータブルトイレでの排便が可能でしたが、刺激性下剤を服用するとトイレに間に合わず便失禁となりますので、機械性下剤のみを服用させていました。 ベッド上で便失禁をされると、シーツから布団から着ているもの全ての更衣となる場合があり、それをしていると1時間ぐらいかかる場合がありますので、それは避けたかったのもありました。 便秘薬以外に、オリーブオイルを飲ませていました、これはよく効きます。オリーブオイルにはオレイン酸という成分が含まれ、オレイン酸は腸に届くと、蠕動運動を促進してくれます。 便秘の対応でいろいろと悩み、要介護者に優しい対応ができるのも在宅介護ならではです。 
 
 

これからも、生きて行くので 黒ずみ

関連記事